記事詳細ページ

  1. ホーム
  2. オールCH
  3. 2015 フィルム講座 大正3年対昭和9年 18

2015 フィルム講座 大正3年対昭和9年 18

平成26年度「長井の心を育む推進事業」で公開した写真を取り上げる。

長井のまちには、その歴史の中で様々な建物があらわれては消えを繰り返してきた。現存しているものもあれば消えてしまったものもある。その時々の人々の暮らしを彩り、時代を形どってきた建物等を、大正3年・昭和9年の時間軸周辺でご覧いただく。

 

通りの大正3年対昭和9年

 

             大正3年の地図

 

 

明治43年当時の本町通り。石川肉店あたりからの風景とされている。この道路は明治以前からある古い道路だ。両側には切妻屋根が多く茅葺だ。道路はもちろん砂利道で側溝もある。切石組みと素掘りの側溝が混在している。

 

 

昭和23年の本町通り。

 

 

              昭和9年の地図

 

 

昭和9年町勢要覧掲載の写真。現在の中央十字路から西方を撮影したもの。奥に長井駅が見える。両側にすずらん灯(街路灯)があるが、駅側と十字路側でデザイン違う。道路は昭和8年に長井で初めて舗装された。ちなみに、長井で初めて自動信号機が設置されたのも中央十字路で昭和37年9月のこと。当時は中央十字路を「山交十字路」といっていた。中央に変わるのは昭和38年以降のこと。

 

 

 

2015.04.22
  • 特派員募集中!
  • エフエムい〜じゃん おらんだラジオ

Access 6,889,466pv (2015.12.04〜) Today 1,535pv Yesterday 1,883pv