記事詳細ページ

地に紫の詩が残る

  • 地に紫の詩が残る
  • 地に紫の詩が残る

今年もアヤメが咲いた。スマホを構えると列車はなんとアヤメ号。「やったー」と思いシャッターを押した。走り去った後で、井上剣花坊さんの「人去りて地に紫の詩が残る」の句を思い出した。

それにしても数十メートルもの回廊を、毎年手入れしてくれている方には、本当に頭が下がります。たとえ花が終わっても、地には育ててくれた人の物語が残っているような気がします。

2020.05.23:[致芳CH]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

斎藤 理喜夫

山形県長井市の羽前成田駅で活動する『おらだの会』の情報を発信します。

Access 5,746,690pv (2015.12.04〜) Today 4,386pv Yesterday 6,115pv