記事詳細ページ

  1. ホーム
  2. 致芳CH
  3. 悲しいおせきのお話(3)

悲しいおせきのお話(3)

 しかし、村人の強いねがいにもかかわらず、工事は、こぶしが原というところから、なかなか先へすすむことができませんでした。

 

「せきが、くずれたぞー。」

 

「あぶない、にげろ。」

 

「それにしても、こぶしが原は、どうしてもだめだ。昔からあそこは、まのふちとよばれていた所じゃ。水が多すぎて、土手が次々にくずれてしまう。」

 

「しょせんはむりなことだったんだ。」

 

「この土地に田んぼを作るなんて、ばかげたゆめだったんだ。」

 

 

「みんなの気もちは、ようくわかる。でもな、今おれたちがやらなければ、だれがやるんじゃ。」

2022.11.20
  • 特派員募集中!
  • エフエムい〜じゃん おらんだラジオ

Access 8,180,107pv (2015.12.04〜) Today 820pv Yesterday 2,400pv