記事詳細ページ

鉄道写真詩入賞作品展スタート

鉄道写真詩入賞作品展スタート:画像

「鉄道写真詩コンテスト2019受賞作品展」がスタートしました。鉄道写真詩は、(一社)交通環境整備ネットワークが主催しているもので、鉄道の魅力を写真と詩で伝えようとするものです。写真家の米屋こうじさん、詩人で社会学者の水無田気流さんが審査員となっています。

 

県内で写真と詩を組合わせた詩集として「やまがた風景と抒情(昭和51年)」があります。真壁仁や芳賀秀次郎さんなどの詩が掲載されているものです。山形新聞(平成2927日)に次のような書評が述べられていました。

「風景を見定めるということはたとえ写真であれ、それぞれの詩人が己の内部世界を見つめ、人生の思索を塗り込めているからだ。」

 

今回の展示作品をとおして、鉄道風景に対する新たな見方に気づき、それぞれの思索が深まることを期待したいものです。

2020.07.31:[致芳CH]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

斎藤 理喜夫

山形県長井市の羽前成田駅で活動する『おらだの会』の情報を発信します。

Access 5,553,217pv (2015.12.04〜) Today 4,280pv Yesterday 3,488pv