記事詳細ページ

成田界隈探検 いつもの

成田界隈探検 いつもの:画像

広田泉さんの作品展第三弾は、「いつもの」。メッセージには次のように綴られています。

 

 日帰りのつもりで旅に出てきたけれど

 この天気は明日までつづきそう。

 仕事もなんとかなるだろう。

 な〜んて自分にいくつかの言い訳を用意しつつ

 土田旅館に電話をかける。

 「いつもの部屋を用意しておきますね」

 やたら短い電話に心地よさを感じてしまうのも

 これまた、いつものこと

 

 土地の人との信頼感と距離感が、「いつもの」という心地よさを生むのでしょうか。「いつものこと」のフレーズに、昔、ジャッキー吉川とブルーコメッツの「何処へ」という歌を思い出します。「いつものことのように人は微笑み いつものことのように人は涙ぐむ こんな小さな町にもきっとあるだろう 喜び悲しみほんとの幸せ 僕はそれを探しに来た」と。「いつもの」の中には、大切にしたいものがいっぱいあるのだろう。

 

【おらだの会】実際の作品は、羽前成田駅待合室に展示しています。

       広田泉さんのユーチューブ『イズミノ撮リセツ』でも紹介されています。    

       「広田泉 本当の応援とは」で検索してみてください。

2020.05.21:[致芳CH]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

斎藤 理喜夫

山形県長井市の羽前成田駅で活動する『おらだの会』の情報を発信します。

Access 5,085,164pv (2015.12.04〜) Today 6,806pv Yesterday 7,073pv