記事詳細ページ

弁慶の供養塔

弁慶の供養塔 Р菫

 「おらだの会1」で成田村伝説として「おせきの物語」を紹介しました。第2弾として塔様(弁慶の供養塔)の物語をお話しましょう。まずは、成田地内のマップをご覧ください。左下に「塔様」という文字が見えると思います。ここが、今回の物語の舞台で、鎌倉時代の建立であるとされている石の塔が立っています。

  ここは、置賜野川と最上川の合流点で河岸段丘のヘリにあたります。ブラタモリではありませんが、裏道や小路、崖っ縁には、いろんなドラマがあるようです。成田駅で降りてくれた皆さんも、時間があったらちょっとだけ足を延ばしてみてください。なお、このマップは、長井まちづくりNPOセンターが街歩きツアー用に作ったもので、実際とは違っている場合もありますので、ご了承ください。鎌倉時代の成田大河ドラマ(!?)、いよいよスタートです。

 

 「おせきの物語」はこちら → http://samidare.jp/orada/note?p=list&c=384393

2020.02.10:[致芳CH]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

斎藤 理喜夫

山形県長井市の羽前成田駅で活動する『おらだの会』の情報を発信します。

Access 4,702,675pv (2015.12.04〜) Today 202pv Yesterday 10,445pv