記事詳細ページ

わしの村にも汽車が来た

  • わしの村にも汽車が来た
  • わしの村にも汽車が来た

鈴木商店発行の鮎貝停車場前通りの絵葉書です。鮎貝駅開業当時のものと思われます。駅の開業に合わせて駅前にあたらしいお店等が建てられ始めているようです。この頃は、各商店等が町の名所等を絵葉書にして発行する機会があったようで、当時の街の様子を知る上で、とても貴重な資料となっています。また、鮎貝までの開通の際の新聞記事によれば、新道の両側にほどこした電燈仕掛けの装飾柱が立ち、200名近い来賓は不忘楼で祝賀会をして祝ったとあります。「空前の大賑はひ 我も我もと新駅に」と、見出しも踊っています。

【鮎貝駅写真は「絵はがきで見る『大正・昭和の白鷹』」より。新聞記事は米澤新聞(大正11年12月13日(三))提供】

2019.05.09:[致芳CH]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
斎藤 理喜夫:画像

斎藤 理喜夫 ( )

山形県長井市の羽前成田駅で活動する『おらだの会』の情報を発信します。

Access 3,576,761pv (2015.12.04〜) Today 3,142pv Yesterday 3,428pv