記事詳細ページ

600形はこんなかなぁ

  • 600形はこんなかなぁ
  • 600形はこんなかなぁ

  長井市史では次のように記されています。「軽便鉄道は・・略・・レール(軌道)の幅は国内鉄道と同じであるが、機関車も車両も小型のものであった。・・略・・本線を走る汽車がボギー貫通式になっているのに、軽鉄はマッチ箱列車と煙突の長い豆機関車であったから、赤湯駅に出て本線の機関車が入ってくると、思わず引き込まれるような恐怖を感じたものだった。」

  奥羽本線を当初走っていたのは2120形機関車(全長10,439弌∩換3,810弌砲里茲Δ任垢、その後、急こう配に対応して4100形(全長11,483弌∩換3,787弌砲導入されたとのことです。上の写真は、ウィキペディアに「600形の形式図」、「総武鉄道3(後の鉄道院630)」として掲載されていたものです。長井線を走っていた645号機と全く同じかは確かではありませんが、豆機関車のようには思えず、結構品格があるように見えるのですが如何でしょうか。

 

【出典・資料】写真及び機関車諸元はウィキペディア、記述引用は長井市史第3巻より

2019.03.13:[致芳CH]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
斎藤 理喜夫:画像

斎藤 理喜夫 ( )

山形県長井市の羽前成田駅で活動する『おらだの会』の情報を発信します。

Access 3,579,983pv (2015.12.04〜) Today 2,063pv Yesterday 4,301pv