記事詳細ページ

世界は誰かの仕事で・・・・

  • 世界は誰かの仕事で・・・・
  • 世界は誰かの仕事で・・・・

先日に続いて地元紙の記事を紹介したい。県立長井工業高校と荒砥高校生徒会がフラワー長井線の列車清掃活動を行ったとのことである。昨日紹介した『フラワー長井線、大雪と格闘』の記事に「(運休で)利用できなくなって初めてフラワー長井線の便利さに気がついた」との談話が載っていたが、作業をしてくれた高校生に、当時の記憶が甦ることはあったのだろうか。

寒い中で作業をしてくれた高校生の姿に、「世界は誰かの仕事でできている」というコマーシャルを思い出した。普段何気なく見ている列車が、多くの人の仕事で支えられているということ。そして高校生たちのボランティア作業も、支援を含めた“大きな輪”の中の大切な一つの仕事なのだろうと教えられた。

【おらだの会】山鉄社員の仕事風景の写真は「鉄道風景と猫の写真展」より

2018.12.28:[致芳CH]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
斎藤 理喜夫:画像

斎藤 理喜夫 ( )

山形県長井市の羽前成田駅で活動する『おらだの会』の情報を発信します。

Access 3,337,008pv (2015.12.04〜) Today 670pv Yesterday 3,457pv